キャバクラ パブ 案内 錦糸町(電話 予約で 割引) は 社会事業 の一つ

キャバクラ パブ 案内 錦糸町(電話 予約で 割引) は 社会事業 の一つ

Source: キャバクラ パブ 案内 錦糸町(電話 予約で 割引) は 社会事業 の一つ

Advertisements

今日から1時の深夜,錦糸町で

<html>墨田区客引き行為等の防止に関する条例の一部を改正する条例の制定について
</html>

墨田区客引き行為等の防止に関する条例の一部を改正する条例の制定について
更新日:2016年10月1日
区では、より安全で安心な生活環境を確保するため、錦糸町駅周辺(予定)を重点地区に指定し、当該地区において、執ような客引き行為に加えて通常の客引き行為等を禁止する条例を制定しました。条例施行に向けて、地域の皆さんや警察との連携をさらに強化し、迷惑な客引き行為等への指導に努めてまいります。
条例の要点
1 重点地区における禁止行為
(1) 居酒屋、カラオケ店、風俗店等の営業に関し客引きをすること、及び当該客引きをする目的で客待ち
をすること。
(2) キャバクラや性風俗店での勤務や、アダルトビデオへの出演等を勧誘(スカウト)すること、及び当
該勧誘(スカウト)目的で勧誘(スカウト)待ちをすること。
(3) 客引き又は勧誘(スカウト)を受けた者を店舗や施設内に立ち入らせること。
2 違反した場合の措置
(1) 区の指導に従わず、さらに警告にも従わない場合は、氏名や店舗名等を公表します。
(2) 区内全域における禁止行為(執ような客引き行為等)は、従来どおり公表及び5万円以下の過料を適
用します。
3 施行期日
平成28年12月1日
ファイルダウンロード 新規ウインドウで開きます。墨田区客引き行為等の防止に関する条例(全文)(PDF:41KB)
ファイルダウンロード 新規ウインドウで開きます。客引き行為等の防止に関する条例が変わりました(周知チラシ)(PDF:467KB)

墨田区客引き行為等の防止に関する条例 区内全域 では 5万円以下の過料が 科せられます ●違反した場合には… 重点地区 では

墨田区客引き行為等の防止に関する条例 区内全域 では 5万円以下の過料が 科せられます ●違反した場合には… 重点地区 では (平成28年12月1日 一部改正した新規制がスタート)

は 5万円以下の過料が 科せられます ●違反した場合には… 重点地区 では (平成28年12月1日 一部改正した新規制がスタート) 4 執ような客引き行為 ●警察との連携を強化しました 警察への協力要請や情報提供ができるようになり、協 力体制を強化しました。 ●調査の権限を強化しました 指導、警告にあたって、違反行為をした者や関係人に 対し、必要な調査、質問等ができます。 ●店舗場所の契約時にはご注意を 店舗場所を提供する事業者は、賃貸借契約時や更新時 に、客引き行為等をしない旨、誓約させるように努め てください。 客引き行為等を行った場合に契約を解除できる旨、解 除条項を定めるように努めてください。 氏名や店舗名等を 公表します ●重点地区の禁止行為にも適用されます。 ●店舗等が所在する土地又は建物の所有者又は 管理者に対して、違反行為等を通知します。 ●違反行為をした者のほか、事業者にも適用さ れます。 6 4 4 5 6 5 ピンクちらし配布等 5 連絡先 ●墨田区役所安全支援課 (平日8:30~17:00) 03-5608-6199 ●本所警察署 03-5637-0110 ●向島警察署 03-3616-0110

Is
A non-penalty of 50,000 yen or less
I will be able to do it.
● In case of violation …
Priority Area
Okay.
(A new system that was partially revised on December 1, 2008 started)
4 Worthwhile customer deeds
● We strengthened collaboration with the police
We are now able to request police cooperation and provide information,
We strengthened our force system.
● We strengthened the authority of investigation
In guidance and warning, for those who did violations and related people
On the other hand, necessary surveys, questions, etc. can be done.
● Attention when contracting the store location
A business operator that provides a store location, when leasing or updating
, We strive to make pledge that we will not conduct customer deeds etc
please.
A statement to the effect that the contract can be canceled in case of conducting a customer deed action, etc.
Please strive to set out clause.
Name and store name etc
To announce
● It also applies to prohibited acts in priority areas.
● The owner of the land or building where the store etc. is located or
Notify the administrator of violation etc.
● Applicable to business operators as well as those who did violation
Yes.
6 4
4 5 6
5 Pink flickering distribution etc. 5
Contact address ● Sumida ward office safety assistance section
(Weekdays 8: 30 ~ 17: 00)
03-5608-6199
● Main Office Police Station
03-5637-0110
● Mukojima Police Station
03-3616-0110

錦糸町で。 彼らは法定所得税を払わない

日本人の名義を借り東京都墨田区で多国籍パブを経営したとして、警視庁保安課は、風営法違反(無許可営業)容疑でバングラデシュ国籍でパブ「ふれあい」実質経営者、エムディ・ハック・モニ容疑者(39)=江東区北砂=と、日本国籍で「CLUB AMBER」実質経営者、八(ハッ)宮(ク)利(リ)本(ポン)容疑者(33)=江戸川区小松川=を逮捕した。

保安課によるとハック容疑者は否認し、八宮容疑者は認めている。同課は名義を貸した日本人の男2人も摘発した。

ハック容疑者と八宮容疑者の逮捕容疑は3月、無許可でホステスに接待させる多国籍パブを営んだとしている。

関連ニュース

http://www.sankei.com/affairs/news/150415/afr1504150026-n1.html

実際の犯罪は通りにではなく店内にある

400t_p1170530-wm

錦糸町外国人ホステスクラブ襲撃
警察と移民の関係者らは、昨晩、錦糸町のホステス・クラブについて再度捜査を行った。約160人の警察官と役人らの団体がグループに分かれ、午後9時半から13の施設を襲った。早い時期に彼らを見つけた通りの行商者たちは先に電話をし、いくつかのクラブはビジネスのためにドアを閉めた。ビザ違反で4人が逮捕され、16人が拘束された。警視庁は六本木や新宿にひびが入っているため、東京の墨田区にある錦糸町に移転したという。その結果、この区域では外国人のホスト人と外国人の行商人が街頭で大きく増加しています。ロシアのパブ「ハジライ」の襲撃事件の写真を掲載した短いTBSリアルプレーヤービデオレポート(ここではWMPバージョン)があります。このブロガーには、ロシアのパブの名前と住所が東京にあります。彼は池袋、新宿、中野でわずか5人であるが、錦糸町では26人ほどの詳細がある。2007年12月19日5:37 pm

日本の人口はダウンなぜ行きます?

cropped-images.jpg

日本の人口のダウン多くの原因.

私は、のいずれかを考えます……….

ここには、法的売春、多くのセックスゲームではありません。

このような健康、レンタルルームのような….

1時以降キャバクラ、パブの夜を閉じます

hg警察相談

ダイヤル#9110 ….110

cropped-images.jpg

犯罪は夜1時以降からスタート!

index1.jpg

外国人キャバレー パブ クラブから錦糸町保存. 夜1時以降、オープン店は違法なビジネスであります

Source: 犯罪は夜1時以降からスタート!

警察相談ダイヤル#9110 ….110番

捜査特別報奨金制度(公的懸賞金制度)

捜査特別報奨金制度は、警察庁が指定する事件に関し、民法第529条及び第532条の規定に基づき、重要凶悪事件等の検挙に結び付く情報を提供した者に対して検挙等への寄与の度合いに応じて報奨金を支払う旨を広告し、情報を提供した者のうち優等者に対して報奨金を支払う制度です。

広告の実施

対象事件の要件

1 警察庁指定特別手配被疑者、警察庁指定重要指名手配被疑者に係る事件

2 社会的反響の大きい特異又は重要な事件であって、次の要件をいずれも満たすもの

  • 殺人、強盗、放火、強姦、略取誘拐その他被害者の生命・身体に重大な損害を及ぼした事件
  • 脅迫その他の方法により、公務又は事業活動の遂行に重大な支障を及ぼした事件
  • 捜査本部開設事件
  • 当該事案の内容、捜査の状況等に照らし、広告を実施して情報提供を促進することが有効・適切と認められる事件

報奨金の上限額

原則として300万円(ただし、特に必要があると認める場合には、1,000万円を超えない範囲内で増額されます。)

応募の期間

原則として1年間(ただし、特に必要があると認める場合には、期間が延長又は短縮されます。)

広告の方法

警察庁長官が、対象事件名、報奨金の支払の対象とする行為、報奨金の上限額、報奨金の支払の決定方法、応募の期間、報奨金の支払の除外事由及び情報受付部署を警察庁ウェブサイトに掲載することにより行われます。

捜査特別報奨金の支払

捜査特別報奨金は、対象事件に関する情報提供者に対して、検挙等への寄与の度合いに応じて、広告した上限額の範囲内で警察庁で決定された金額が支払われます。
また、該当者が複数ある場合は、その度合いに応じて、上限額の範囲内で分割して支払われます。

捜査特別報奨金の支払の除外事由

1 匿名であるなどのため個人の特定ができない者
2 警察職員
3 被疑者本人、共犯者及び情報を入手する過程において犯罪行為その他公共の安全と秩序を害する行為を行ったと認められる者
4 1から3までに掲げるもののほか、報奨金の支払を受けることが社会通念上適当でないと認められる者

警視庁管内の対象事件

事件名 発生年月日 連絡先 広告期間
上祖師谷三丁目一家4人強盗殺人事件 注記1 平成12年12月31日 成城警察署 平成27年12月16日から平成28年12月15日まで
上連雀二丁目居酒屋チェーン副店長強盗殺人事件 平成17年11月24日 三鷹警察署 平成28年11月1日から平成29年10月31日まで
大和田町スーパー事務所内けん銃使用強盗殺人事件 注記2 平成7年7月30日 八王子警察署 平成28年7月30日から平成29年7月29日まで
柴又三丁目女子大生殺人放火事件 注記3 平成8年9月9日 亀有警察署 平成28年9月9日から平成29年9月8日まで
六本木五丁目雑居ビル飲食店内における殺人事件 注記4 平成24年9月2日 麻布警察署 平成28年11月1日から平成29年10月31日まで
渋谷区内警察官殺害事件 昭和46年11月14日 公安第一課 平成28年11月1日から平成29年10月31日まで

事件の詳細については、事件名をクリックしてください。

注記1 上祖師谷三丁目一家4人強盗殺人事件は、捜査特別報奨金対象事件と合わせて私的懸賞金対象事件にも該当します。

注記2 大和田町スーパー事務所内けん銃使用強盗殺人事件は捜査特別報奨金対象事件と合わせて私的懸賞金対象事件にも該当します。

注記3 柴又三丁目女子大生殺人放火事件は捜査特別報奨金対象事件と合わせて私的懸賞金対象事件にも該当します。

注記4 六本木五丁目雑居ビル飲食店内における殺人事件は捜査特別報奨金対象事件と合わせて私的懸賞金対象事件にも該当します。

私的懸賞金対象事件

私的懸賞金対象事件とは、捜査特別報奨金制度以外の懸賞広告事件のことをいいます。

警視庁管内の対象事件

事件名 発生年月日 連絡先 広告期間
北砂七丁目質店経営者夫婦強盗殺人事件 平成14年12月9日 城東警察署 平成27年12月25日から平成28年12月24日まで

事件の詳細については、事件名をクリックしてください。

警視庁管内以外の対象事件については、各道府県警察にご確認ください。

情報発信元

警視庁 刑事総務課 刑事企画係
電話:03-3581-4321(警視庁代表)

本文ここまで
 110pc02

Investigation special incentive system (public bounty system)

Investigation special incentive scheme relates to cases specified by the National Police Agency, in accordance with the provisions of the Civil Code # 529 and Article 532 Article, of the contribution to the arrests or the like to the person who provides information that leads to arrests of such important violent crime degree to the effect that pay a reward to the ad in response to, is a system to pay a bounty for the honors person of the offer who took the information.

Implementation of advertising

Requirements of the subject incident

1 National Police Agency designated special arrangements suspect, the case pertaining to the National Police Agency specified Wanted suspect

A large specific or important events of 2 social repercussions, those that meet both of the following requirements

  • Murder, robbery, arson, rape, had a serious damage to the life and body of abduction kidnapping other victim incident
  • By intimidation other method, it had a serious hindrance to the performance of official duties or business activities incident
  • Police opened incident
  • The contents of the matter, in light of the status of the investigation, the case is deemed effective and appropriate to facilitate the provision of information to implement the ad

The maximum amount of the reward

Principle as 3 million yen (However, in cases where it is deemed in particular there is a need, will be increased in a range that does not exceed 10 million yen.)

The period of application

As a general rule for one year (however, if it finds it particularly necessary, the period will be extended or shortened.)

Method of advertising

National Police Agency Commissioner, subject incident name, the act of the subject of payment of the reward, the maximum amount of the reward, the method of determining the payment of the reward, the period of application, the police exclusion grounds and information reception department of the payment of bounties It is done by posting on the agency web site.

Payment of Investigation special reward

Investigation special incentive is, with respect to the information provider on the subject incident, according to the degree of contribution to the arrests, etc., it will be paid the amount that has been determined by the National Police Agency in a range of advertising the maximum amount.
Also, if applicable who have multiple, depending on the degree will be paid divided within a maximum amount.

Exclusion grounds for payment of Investigation special reward

1 person who can not be personally identifiable because of such an anonymous
2 police personnel
3 suspect himself, accomplice and is recognized that information have committed an act detrimental to the safety and order of the criminal act other public in the process of obtaining a person
from 4 1 in addition to the matters listed in up to three, who is deemed to be subject to payment of the reward it is not on the conventional wisdom appropriate

Subject incident of the Metropolitan Police Department

Incident name Occurrence date contact information Advertising period
Kamisoshigaya Sanchome family of four people robbery murder Note 1 December 2000 31 Seijo police station Heisei 2016 December 15, from 27 December 16
Kamirenjaku chome pub chain deputy manager robbery murder 2005 November 24 Mitaka police station Heisei 28 years November 10, May 31, from 1 day 2017
Owada-cho, super office within the handguns used robbery murder Note 2 1995 July 30 Hachioji police station Heisei, 2017 July 29, from 28 July 30
Shibamata Sanchome college student murder arson Note 3 1996 September 9, Kameari police station Heisei 2017 September 8, from 28 September 9
Murder in Roppongi Chome multi-tenant building food store Note 4 2012. September 2 Azabu police station Heisei 28 years November 10, May 31, from 1 day 2017
Shibuya-ku, in the police murder 1971 November 14 Public Safety First Division Heisei 28 years November 10, May 31, from 1 day 2017

For more information about the incident, please click on the event name.

NOTE 1 Kamisoshigaya Sanchome family of four people robbery murder, together with the investigation special incentive target incident also apply to private bounty subject incident.

NOTE 2 Owada-cho, super office within the handguns used robbery murder also applies to the private bounty target incident in conjunction with the investigation special incentive target incident.

NOTE 3 Shibamata Sanchome college student murder arson is also applies to the private bounty target incident in conjunction with the investigation special incentive target incident.

Note 4 murder in Roppongi Chome multi-tenant building food store is also applies to the private bounty target incident in conjunction with the investigation special incentive target incident.

Private bounty target incident

The private bounty target incident, says that the sweepstakes ad incident other than the investigation special incentive system.

Subject incident of the Metropolitan Police Department

Incident name Occurrence date contact information Advertising period
Kitasuna seven chome pawnshop management couple robbery murder 2002 December 9, Joto Police Station Heisei 2016 December 24, from 27 December 25

For more information about the incident, please click on the event name.

For the subject incident other than the Metropolitan Police Department, please check in each prefectural police.

Information source

Tokyo Metropolitan Police Department Criminal Affairs Division Criminal planning engagement
Telephone: 03-3581-4321 (Tokyo Metropolitan Police Department representative)

To text here

セーブ 社会



セーブ社会.....
警察を呼びます....110 or...#9110